sakuma51’s blog

川崎市からみんなに役立つ情報発信をします。

成田氏からの11月29日付メール 

今、中国共産党史上最大の政府抗議デモが起きている。切っ掛けは新疆ウィグル地区ウルムチで起きた火災だった。ゼロコロナ政策による厳しいロックダウンによって、この高層集合住宅に住む住民たちは、外に避難することが出来なかった。扉は外からボルトで締められていた。迫り来る炎の前で、住民たちは焼け死ぬのを待つしかなかった。SNSでは住民たちの泣き叫ぶ声が拡散した。この集合住宅の住民たちはウィグル人だった。 厳しい監視によって、このような事態に直面しても、ウィグル人が抗議の声を上げることは出来ない。代わりに抗議の声を上げたのは、中国人たちだった。中共が推し進めるゼロコロナ政策とは、火災が起きるとこのようなことになることを、SNSによって中国全土の人たちが知ってしまった。そして、中国全土の抗議デモに火を付けたのだ。 火災の状況を伝えるSNSの投稿は、中国当局によって直ぐさま削除された。それに対して、中国人たちはこの中国当局の行為に、Twitter上で#WhitePaperExerciseというハッシュタグで抗議の声を上げた。白紙の紙を掲げることで、SNSの削除に抗議したのだ。この抗議運動は、ウルムチだけでなく、上海市ウルムチ通りで、そして中国全土の都市へとあっという間に広がっていった。中国人たちの大規模な抗議デモには、「共産党、退陣」、「習近平、退陣」を叫ぶ声まで起きている。習近平政権が誕生して10年経つが、こんなことは初めてのことだ。習近平に異議を唱えることは、まさに粛正されることを意味する。彼らは命懸けで立ち上がった。 この事件に対し、ウルムチ当局は即座に記者会見で、「ロックダウンによってビルから脱出できなかったり、救出できなかった訳ではない」とウソの声明を出した。国営メディアも、「火災が起きた集合住宅は、ロックダウン政策においてリスクが低い地域だった。住民は大規模な集会以外なら集合住宅から外に出ることを許されていた」との声明を出した。ところが、中国のSNSに投稿された映像では、この集合住宅は最近ゼロコロナ政策がより厳しくなった地域だったことを明らかにしている。 中国当局は意図的にウィグル人を犠牲にしたのだろうと言われている。ウィグル人たちは、以前から強制収容所に入れられ、イスラム教からの改宗や奴隷労働を強制され続けて来た。従わない者には拷問やレイプなどが日常的に行われていた。中国人たちは、今までウィグル人がどんなに迫害されても、自分たちには関係ないと思っていた。しかし、ロックダウンされている地域は、中国全土に広がっている。それらの地域で火災が起きたら、ウルムチで起きたことと同じことが起きる。この悲劇はウィグル人だけに限ったことではない。そのことに多くの中国人が気づいてしまった。 この大規模なデモは中国全土の地域住民たちだけが起こしたのではない。中国の主要な大学でも白紙の紙を掲げるデモが起きている。北京大学や精華大学など分っているだけで103以上の大学で抗議デモが起きている。この反政府デモの行き着く先はどうなるのであろうか。習近平政権は、当然ながらデモ参加者に対して、厳しい粛正と弾圧で対処するだろう。 1989年6月4日に起きた天安門事件の再来となるのであろうか。多くの知識人や学生、民衆の活動家たちが、今回もまた逮捕され殺されるのだろうか。それとも、この「白紙革命」が習近平体制の終焉、更には共産党の終焉に繋がるのであろうか。わたし達はひょっとして、歴史の大きな転換点を目撃しているのではないだろうか。思っても見なかった事態に発展して、中国から目が離せなくなった。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

成田透氏のプロフィール
日本アイ・ビー・エム(株)に30年勤務。システムズ・エンジニア(SE)として、金融機関(都銀・長信銀)を担当。退職時は金融システム・ソリューション部長。
退職後はIBM関連会社の役員を歴任。最後は(株)エムティーアイで常務取締役ITセンター長。
数々の大規模システムの構築や大規模プロジェクトを成功裏に実施した。現在72歳。

藤村晃子さんに対する誹謗中傷は許せません

 こちらを埋め込ませてもらいました。  

 ハマダトモアキ氏とはいったい何者?
 運営党員の人で、参政党のことは選挙後少なくとも表向きはそっちのけ状態で自分の主宰する団体もしくは個人で街宣やっていた人がいたようないないような。その人を探して聞いてみたほうがいいよ。

スマイル党の込山氏に先週会いました

 その会う直前に込山氏は、このように藤村晃子と対談されております。

  藤村さんのの猫カフェ近くのハワイアンなファミレスでスマイル療法のレクチャーも受けました。   あの10度20度30度のトレーニングやったんですよ。   中田さんや私佐久間吾一も。   政治的な話題も当然のこと俎上に乗りました。   エホバの証人の輸血拒否の問題を尋ねたら、それはもう時効で政治的に取り上げても響かないとのアドバイスも受けました。   エホバの証人に関してはkindleで無料で読めます。   https://amzn.to/3GOfqUd

藤村晃子さんの本日立花党首との対談告知動画

 こちらにアクセスを。 

www.youtube.com

 中田聡さんと不肖佐久間吾一は藤村晃子さんを支持します。

 動画の中で紹介された本  

漫画そのものはアマゾンで購入できます。

成田氏からの11月24日付メール その2

これは10/22のCNNの報道です。CDCトップのワレンスキーが、10/21にコロナ感染した。彼女は9月に二価ワクチンを接種済みだった。二価ワクチン接種をして1ヶ月後にコロナに罹ってしまった。二価ワクチンが効かないことを自ら証明したことになった。 11/1のロイターの報道では、米CDC所長のワレンスキーが、ファイザーのコロナ抗ウィルス薬投与後に再陽性になったと報じた。10/31に新型コロナウィルス感染に伴い、ファイザーの経口抗ウィルス薬「パクスロビド」投与して一旦陰性になったが、その後また陽性になって自宅に隔離されていると報じた。 オミクロンには二価ワクチンは効かないので、ワクチン接種して1ヶ月後にコロナに感染した。このワクチンを打つと自然免疫が低下してしまうので、抗ウィルス薬を飲んでも効かず、直ぐにまたコロナに感染してしまったという訳だ。 米政権ではバイデン大統領や米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のファウチ所長も、コロナに感染した後に「パクスロビド」を投与した。その後、同様にコロナが再発した。なので、米食品薬品局(FDA)はファイザーに対し、コロナに感染した最初の5日間に「パクスロビド」を投与し、その後コロナを再発した人に、再び「パクスロビド」を一定期間投与する臨床試験をするよう依頼した。 このような事実を多くの米国人は知っているので、もう二価ワクチンを打たない。また、コロナに罹っても「パクスロビド」を飲まない。日本人だけが二価ワクチンを打ち、パクスロビドを飲むことを推奨されている。米国の製薬会社にとっては、日本はこの上ない良いお客なのだ。ここまでバカにされている日本人は哀れと言うしかない。 ワクチンも薬も効かないことを証明 - ニコニコ動画 (nicovideo.jp) こちらは今年の9/20に超有名な医学雑誌「セル」に掲載された論文で、投稿者はマサチューセッツ総合病院ハーバード大学医学部です。論文のタイトルは、「Ⅰ型糖尿病における複数回BCG接種のCOVIDおよび他感染症の予防効果」というものです。 研究の目的は、BCGのオフターゲット効果で感染症全般の感染予防効果が期待できるかも知れないこと。およびBCGがⅠ型糖尿病を改善させる可能性があるのではないか。その確認・検証を行うための研究だった。ここでオフターゲット効果とは、本来の標的(オンターゲット)とは異なる別の分子(オフターゲット)を阻害、或いは活性化してしまう効果のことで、通常は好ましくない副作用の原因となるが、予期しない新たな薬理作用や創薬標的の発見に繋がることもある。 この研究は、コロナパンデミックが始まる前から行われていて、2年前には治験者にBCGを3回接種済みだった。コロナパンデミックが始まったので、対象をⅠ型糖尿病からコロナの感染予防効果があるかどうかに切り替えた。2020年1月から21年4月までの15ヶ月間にわたり検証状況をフォローし、BCG群とプラセボ群に分けて検証した。 結果はBCG群ではコロナに陽性になったのは1例、プラセボ群では12例だった。BCGの対コロナに対する有効率は92%となる(この陽性判定は症状と抗体検査で行った)。後半の陽性判定はPCR検査を使った。この結果は0例と10例。つまり、BCGの対コロナに対する有効率は100%となった。この検証は二重盲検法で行っているので、結果は信頼できる。使ったBCG株は最強の「東京172」だった。 BCGワクチンは安全で効果的、しかも簡単に手に入る。そしてBCGワクチンは新型コロナの全ての変異株に対して有効な防御能力を有する可能性があると投稿者は言っている。コロナパンデミックの初期の頃に、日本人だけがコロナに罹らなかった。その理由が、今やっと明らかになった。 mRNAワクチンは、頻繁に変異するコロナには全く無力だが、BCGワクチンはこのようなコロナに対して万能だと言うのだ。日本人なら子供の頃に全員BCGを接種している。だから日本人はコロナに罹らなかった。罹っても軽症で済んだ。この研究結果から言えることは、今まで日本政府が行ってきた種々のコロナ対策は、全く意味が無かったということだ。何もしないで放っておけば良かったのだ。 それが今ではmRNAワクチンを世界で一番接種してしまった。その結果、PCR陽性者数は世界一となって、コロナパンデミックはいつまで経っても終わらない。またワクチン接種の副作用によって多くの人が亡くなった。重篤な後遺症を発症し、一生を棒に振ってしまった人も大勢いる。無駄にした国費も膨大だが(この2年は余りで、100兆円とも290兆円とも言われる)、経済と社会全体に及ぼした影響も計り知れない。しかも政府や専門家を名乗る人たちは、未だにmRNAワクチン接種を「努力義務」などと称して国民に接種を促している。これは無知を通り越して、もはや犯罪と言えるのではないか。 BCGが本物コロナワクチンです。 - ニコニコ動画 (nicovideo.jp) こちらは今年の6/21に医学雑誌に掲載された病理解剖の論文です。投稿者はドイツで集中的に心臓病治療行っている医療機関です。論文のタイトルは、「ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎 生検で証明された一連の症例」というものです。この一連の症例とは15例の症例です。内訳はファイザーが11例、アストラゼネカが2例、ジョンソン&ジョンソンが2例です。 心臓生検で免疫染色してスパイク抗体に色を付けた結果、15例中9例にスパイク抗体が検出された。同時にヘルパーT細胞(CD4)とキラーT細胞(CD8)が検出されるかの検査も行った。心臓組織内にヘルパーT細胞がキラーT細胞より有意に多く検出された症例が10例あった。必ずしも全てが一致していないが、スパイクタンパクが検出された症例にヘルパーT細胞も検出されている。 一般的に急性心筋炎の場合は、キラーT細胞の方がヘルパーT細胞より多くなる。ヘルパーT細胞の方が多くなる場合は、自己免疫反応が疑われる。この投稿者は、確定的なことは言えないと断りながら、心筋からのスパイクタンパクの検出とヘルパーT細胞が多くなり炎症が同時に起こるという関係は、ワクチン因性自己免疫反応を示唆すると言っている。 mRNAワクチンを打つと、何で心筋炎や心膜炎になるのかは、ここまで分ってきた。ワクチン接種によって、不幸にしてご家族を亡くされた方は、病理解剖をして心筋のスパイク抗体を染色した結果と、CD4とCD8の検出結果を残しておくことを強くお勧めする。この人たちは、たまたま亡くなったのではなく、ワクチンによって殺されたからだ。 

www.nicovideo.jp

- ニコニコ動画 (nicovideo.jp) 以上、成田

成田透氏のプロフィール
日本アイ・ビー・エム(株)に30年勤務。システムズ・エンジニア(SE)として、金融機関(都銀・長信銀)を担当。退職時は金融システム・ソリューション部長。
退職後はIBM関連会社の役員を歴任。最後は(株)エムティーアイで常務取締役ITセンター長。
数々の大規模システムの構築や大規模プロジェクトを成功裏に実施した。現在72歳。

成田氏からの11月24日付メール その1

 ご注意

 メールでは直リンクになっておりましたが、ブログの編集画面にそのままはりつけるとリンク機能がはがされてしまいました。

www.youtube.com

  それぞれのタイトルをコピーしたのち、上のリンク先に張り付ければアクセスできます。

G20バリ】グローバルワクチンパスポート推進をG20首脳が署名!これがないと世界を移動できない【及川幸久−BREAKING−】 - YouTube (2044) 2022.11.21【米国】イーロン・マスクが復帰させたTwitterアカウント【及川幸久−BREAKING−】 - YouTube (2044) 2022.11.22【米国】バイデン学生ローン免除は憲法違反で議会通らず!大統領の信用詐欺?【及川幸久−BREAKING−】 - YouTube (2044) 11-20 不動産業界救済情報で逆に拡大する業者のリスク - YouTube (2044) 11-21 逃げられない!あの恒大のボスは今どうなっているのか? - YouTube (2044) 11-21 臨時 民衆が公然と反抗!制圧vs抗議 - YouTube (2044) 11-22 着々と進行する中国封じ込め - YouTube (2044) 11-23 日本では報道されない実態!輸出の中心で生産停止が相次いでいる - YouTube (2044) 【第442回字幕あり】戦いはまたスタート - YouTube (2044) (元?)ツイッター社員の1日、買収されて、社員がクビになった後、一気に注目を集めた、ツイッター社員の1日を記録した1日 - YouTube (2044) Twitterアナウンとが復活したあと、寅さんは戻らないと言っていますが、何らかの形で戻るしかないじゃないかという話 - YouTube (2044) 【いつもと違う話】二世紀前にあの美しい女性がワシントンに教えたアメリカの3回目の危機は今のこと?ワシントンは何を見たのか? - YouTube (2044) 中国がワールドカップにいけない理由は〇〇が怖いから!メッシが中国で生まれたなら、スーパースターになれたのか?日本と同じタイミングでプロリーグを始めた中国のサッカーはなぜ弱いのか? - YouTube (2044) 11.19 反撃開始 - YouTube (2044) 11.20 フェアだった? - YouTube (2044) 11.21 民主党は古代のカメラを使っているのか? - YouTube (2044) 11.22 お知らせあります - YouTube (2044) 特番『伊藤貫先生再登場!欧米の単純な”ウクライナ分析”と情緒的な日本人』ゲスト:国際政治アナリスト 伊藤貫氏 - YouTube (2044) 松田学のニュース解説 トランプ元大統領再出馬表明へ!米国中間選挙と国際情勢 - YouTube (2044) 特番『米中間選挙分析と日本への影響、そして参政党への期待』ゲスト:エルドリッジ研究所代表政治学博士ロバート・エルドリッジ氏 - YouTube (2044) 特番『迫る!台湾危機、もう時間がない!日本人は目覚めなければならない』ゲスト:エルドリッジ研究所代表 政治学博士 ロバート・エルドリッジ氏 - YouTube (2044) 【11/20 消費税26%だとふざけるな💢】IMFOECDが消費税増税を日本にしきりに強要する理由を知ったら国民はみんな怒り狂うのではないか - YouTube (2044) 【11/21 次の首相は河野太郎?】寺田大臣更迭の舞台裏と後任の松本剛明氏のスゴイ家系図...上がらない支持率と言い間違え連発のミスで疲労困憊の岸田首相 - YouTube (2044) 【11/22 岸田首相に公選法違反の疑い発覚❗️】新総務大臣にも政治資金違反疑惑浮上と再痛手。岸田首相が起死回生のために内閣”再”改造の方針を固めたとの報道も...防衛増税確定で来年国民生活に打撃必至 - YouTube (2044) 【11/23 岸田文雄は日本を滅亡に追いやる最悪の首相】西田昌司議員の代表質問に対する首相の答弁に「日本が成長しない全ての答え」「国債発行や財政運営に対する考え方に致命的間違いと欠陥」が凝縮されている - YouTube (2044) 【TSMCの本性】創業者が習近平とマブダチ暴露報道!? - YouTube (2044) 世界秩序は鉄からシリコンへ、アメリカはいつでも中国を包囲できる? - YouTube (2044) 【続報!餃子の王将事件】ついに起訴!出したくても出せなかった極秘情報を大公開します!! - YouTube (2044) 異常事態 辞任ドミノ!相変わらずの後手対応で党内からも批判の声!!岸田首相の責任は重い!? - YouTube (2044) 【岸田政権】辞任ドミノで万事休すか!?「闇のクマさんはスパイ」と断じた参政党員!!口だけ保守本流宏池会が日本を壊す!!実は詰んでいるのは岸田首相だった!!【メディアが報じない保守系News】 - YouTube (2044) 【ポスト岸田】次の首相は河野太郎なのか!?辞任ドミノの岸田政権で「首相になってほしい人」1位は河野太郎氏!!自民党内での河野太郎の評価が「次の首相」を決める!!【メディアが報じない保守系News】 - YouTube (2044) 【岸信夫首相補佐官内部告発!!「見せかけの防衛費増額では日本を守れない!!」経団連の圧力で法人税増税が消え国民負担へ変更!!実は税収増で増税は不要!!【メディアが報じない保守系News】 - YouTube (2044) 【ポスト岸田】ダウン寸前の岸田首相の裏で暗躍する茂木幹事長!!茂木幹事長が自民党国対を乗っ取った!!幹事長を退き総裁選への準備に入る!?次の首相は俺様だ!!【メディアが報じない保守系News】 - YouTube (2044) 予想外に早く終わる戦争、早く始まる戦争【柏原竜一のインテリジェンス】 - YouTube (2044) 米国の民主主義は安かった。【柏原竜一のインテリジェンス】 - YouTube (2044) 633回 消費者物価指数が上がってきて日経新聞が大騒ぎ - YouTube (2044) 634回 辞任した寺田総務相は同期です。どんな人か話します - YouTube (2044) 635回 半導体新会社設立で日本復活は? - YouTube (2044) 【武田邦彦】結局金儲けでした!医者が自分は飲まないのに患者には出す処方がコチラです!しかもその多くは健康な人が飲まされているのです・・・! - YouTube (2044) 【参政党】悲報!ウソだろこの記事!この女性は誰かに言わされている… いや全ては日本の政治がダメになっているせいです…!【神谷宗幣 2022年11月19日@三重県桑名 魂の街頭演説】 - YouTube (2044) 【武田邦彦】今ドイツで恐ろしい事が起きています!実はこの巨大悪夢、日本の未来の姿かもしれません… 日本でも全く同じことをやっている人間が “二人”いるのです!! - YouTube (2044) 【参政党】自民党裏情報!次期首相はまさかのこの人か!世界は大きく動いているのに、このリーダーの下で日本人は自尊心を取り戻せるのか!【松田学 2022年11月13日 魂の街頭演説@姫路駅】 - YouTube (2044) 【武田邦彦】緊急解説!アメリ中間選挙を見ていて、重大な違和感に気付いてしまった・・ - YouTube (2044) 【参政党】重大発表!2022年11月22日16時 記者発表 メディア質疑応答【神谷宗幣 CEOセオ】 - YouTube (2044) 【武田邦彦】絶対に報道されない“ダボス会議”の恐ろしい正体!いや、もはや彼らは正体を隠す必要が無いほどの力を手に入れているのです! - YouTube (2044) 【参政党】アメリカでトンデモない闇を見ました!あなたが打っているものも此処で生まれたのです…【吉野敏明 魂の街頭演説 2022年11月20日@千葉】 - YouTube (2044) 現代(8)誰も知らない大統領 - YouTube (2044) 現代(9)世界を決定する人達 - YouTube (2044) 現代(10)国連はすでに廃墟 - YouTube (2044) 韓国経済カウントダウン!円安の影響で韓国上場企業の第3四半期営業利益が昨年比26%減の謎?!日韓通貨スワップを求める声も再燃|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) 寺田総務大臣更迭で露呈。検討と先送りのツケで岸田首相大ピンチ!!経済、国防、国家観を蔑ろにしては岩盤支持層の掌握すら危うい。その辺を分かりやすく解説|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) 増税だけ前のめり?支持率低下に悩む岸田政権は自民党の岩盤支持層を取り戻せるのか。産経・正論の有元隆志さんに聞いてみた!|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) 中国経済カウントダウン!世界に広がる米国「対中半導体制裁」包囲網!株式市場も敏感に反応。裏切りそうな国は?|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) する必要が無いし、する訳もない「解散総選挙」で盛り上がる左巻きの皆さん。枝野新党爆誕の可能性についてお知らせします。岸田内閣も更迭限界超えに注意。|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) ニュース女ネ イヤ~ンなニュースを解説!辞任ドミノで岸田内閣ピンチ・韓国レーダー照射はなかったことに、、他 上念司×須田慎一郎×真鍋由佳 不定期木曜日朝8時公開 - YouTube (2044) Z世代も必見の田端信太郎就活論。大事なことは「やりたいです、ではなくやってます」「面接官とディベート」|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) 平均寿命1週間!?ロシア軍、氷点下の気候でテンションダダ下がり。騙されて突撃、それでもウクライナ軍が絶対油断してはいけない理由|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) ニュース女ネ予告編!世の中のイヤ~ンなニュースを解説!不定期木曜日朝8時公開!上念司×須田慎一郎×真鍋由佳×五十嵐麻里恵 - YouTube (2044) 防衛力強化目的で所得税増!?防衛国債だろ!領収書問題で脇の甘さを露呈した岸田内閣、日本を救えるのは菅元首相再登板!?|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) Twitterのキュレーションの犠牲者、サキシルの新田さんにネットメディアの今後についてお話を伺いました。|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) ロシアの武器隠蔽、諜報拠点!?ウクライナで怪しげな修道院を国家警察が急襲!そこで見つかったものとは?!|上念司チャンネル ニュースの虎側 - YouTube (2044) 旭川い●め事件、教頭が「10人の加害者の未来が大切」発言を釈明も大炎上!/ハ●トラ疑惑燻る林芳正外相の訪中で日中首脳が合意!!etc. - YouTube (2044) 【ウクライナ和平交渉】『バイデン政権の方向転換』 - YouTube (2044) やっぱり正体は「スイカ」! エコテロリズムを擁護する東京大学准教授・斎藤幸平氏(22/11/19) - YouTube (2044) 話したいことがありすぎて・・・ - YouTube (2044) テロリストに屈してはならない! ただし、統一教会の教義はあまりにも反日的だ!(22/11/20) - YouTube (2044) 自分だけは例外視し、祖国を否定する自虐史観真木よう子大江健三郎  「日本人という事実が恥ずかしい」(22/11/21) - YouTube (2044) 【替玉試検】採用入試「不正」! 悪いのは学生なのか?(22/11/22) - YouTube (2044) また池上か! 暴走老人と安倍国葬批判の大妄想(22/11/22) - YouTube (2044) 【鳩サブレを食べよう】これこそが保守精神を貫く社会貢献。(22/11/23) - YouTube (2044) 内閣改造?それとも解散総選挙?岸田総理の決断とは・・・(22/11/23) - YouTube (2044) 【ぼくらの国会・第435回】ニュースの尻尾「中国の女性がトンデモ質問」 - YouTube (2044) 【ぼくらの国会・第436回】ニュースの尻尾「外務省初告白『北と直にやってる!』」 - YouTube (2044) 2022/11/20 プーチン政権は戦略戦術や作戦遂行の目的ほぼ全てで失敗=米軍首脳が指摘。ゼレンスキー大統領、ロシアとの停戦案を一蹴 。 - YouTube (2044) 2022/11/21 南部露軍の兵站問題が深刻化か。露軍物資輸送トラックが足りない可能性。米国がウクライナに戦車提供へ。 - YouTube (2044) 2022/11/22 モスクワで「大バク●ツ」、サンクトペテルブルクでも。露軍、南部兵力を東部に転用か。ロシア、IT技術者「大量出国」止まらず。 - YouTube (2044) 2022/11/23 米国が「最先端〇〇」をウクライナへ供与の可能性。サウジ、OPECプラスが石油増産を検討か=報道。 - YouTube (2044) サッカーワールドカップ2022、ドーハで韓国が盛大にやらかす! - YouTube (2044) 韓国半導体、たった3ヶ月で赤字に転落!23年も見通し真っ暗、、、 - YouTube (2044) 韓国公共放送、2022FIDAサッカーワールド杯カタールで騒動 - YouTube (2044) 習近平の無礼!APEC.会議でタイ首相の握手を無視!!カナダ・中国に反撃!内モンゴルの羊の奇行! - YouTube (2044) 半導体最大手TSMC 台湾からアメリカに歴史的大移動!貨物機10機 研究者ら1000人!! - YouTube (2044) 人民解放軍の軍事工場が大爆発!中国・南シナ海に長距離核弾道ミサイル装備の6隻の原潜配備! - YouTube (2044) 【11.16役情最前線】💥広州で大規模抗議活動、軍警察が発砲💥米中会談についてプレスリリースを発表 それぞれが言いたい言葉を語る💥「国歌斉唱事件」 韓国のスタッフの話は? - YouTube (2044) 【11.17役情最前線】💥米メディア:習近平は台湾について話すとき「特に興奮していた」 分析:習近平金正恩は同じことを心配している。💥広州で大規模な反封鎖デモ、重慶市民が労働強制所で隔離 - YouTube (2044) 💥習近平とタイの首相の気まずい状況に💥広州で若い女性2人が防疫関係者と論争したところ、縛られて跪く💥『環球時報』元記者死去 2つの謎とは【11.19役情最前線】 - YouTube (2044) 💥世界首脳会議の見どころ 新たな反共体制 米英独が中国への禁止を推進💥米議会年度報告:中共は人権迫害💥中共 金 無くなったのか 当局が専門家の話を何度も引用【11.21役情最前線】 - YouTube (2044) 💥内幕:「デカップリングしないで」と習が秘密チームを米に派遣💥W杯でわかる:中国人と外国人💥「住宅市場の下落を懸念し、上海富豪至急『潤』💥 ハリスの訪比前 中共船が比海軍と対決【11.23役情最前線】 - YouTube (2044) 露ガス依存でドイツは70年ぶりの高インフレ率!パン屋の経営難でドイツ企業の25%が解雇を計画?エネルギー危機に直面し、ドイツの対中政策が転向?親中に逆戻りのドイツは、利益を得られるのか? 【財商天下】 - YouTube (2044) 12月1日から緩和?ゼロコロナ緩和による米中関係の変化を見る。南部の広州と北部の鄭州で抗議の波が起こり、中国全土に拡大する。【薇羽が世間を看る】 - YouTube (2044) 【軍事話題】北朝鮮の核の脅威を受け、韓国と日本が意見の相違解消に向かう。 - YouTube (2044) 【時事軍事】F-22がJ-20に遭遇する可能性が出てきた。11月4日、F-22が嘉手納基地に配備された。 - YouTube (2044) ヘルソン戦などというものはなく、敗戦をごまかすためのロシアの仕掛けだった。【時事軍事】 - YouTube (2044) X-37B海軍実験プロジェクトの詳細が伝えられ、無人機を長期間空中に滞在させることができる。 - YouTube (2044) 米下院共和党「バイデン大統領に対する調査開始」弾劾への扉開くか【秦鵬直播】│TEASER - YouTube (2044) 「習氏がカナダ首相を説教」で露わとなった中共の野望【世界の十字路】│TEASER - YouTube (2044) 米中首脳会談で関係悪化 台湾有事は正念場へ【世界の十字路】│TEASER - YouTube (2044) 楽観視できない中国経済 今後1年の行方【秦鵬直播】│TEASER - YouTube (2044) 中共の海外警察署 米FBIが調査 - YouTube (2044) NTD週刊ニュース 2022.11.20 - YouTube (2044) 武漢が再び封鎖される? - YouTube (2044) 中共の海外警察署 イタリア議員が政府に調査を要請 - YouTube (2044) 河南省安陽市の衣料品工場で火災 38人死亡 - YouTube  

成田透氏のプロフィール
日本アイ・ビー・エム(株)に30年勤務。システムズ・エンジニア(SE)として、金融機関(都銀・長信銀)を担当。退職時は金融システム・ソリューション部長。
退職後はIBM関連会社の役員を歴任。最後は(株)エムティーアイで常務取締役ITセンター長。
数々の大規模システムの構築や大規模プロジェクトを成功裏に実施した。現在72歳。

成田氏からの11月23日付メール

   こちらは今年の11/11に超有名な医学雑誌「ランセット」に掲載された論文です。投稿者はカタールの医者、研究者です。論文のタイトルは、「カタールにおけるCOVID感染および重症化に対して、mRNAワクチンと比較した自然既感染の防御力」についてというものです。 なぜこのような研究を行ったか。それは自然感染免疫とワクチンの比較は、入国させる場合にワクチン接種を義務づけるかどうかの判断に重要だからです。結論は、ワクチンを打っていなくても入国を許可するというものです。今やワクチン接種をしていないと入国させないなどと言っているのは日本くらいです。 カタール政府は自国のデータベースを使って、実に入念な研究を行った。それはワクチン接種歴やPCRなどのCOVIDテスト歴、入院歴や死亡履歴などを使ったものだ。対象となるグループは、ワクチンを打っていない既感染群は2020年2月から今年5月までの28ヶ月間から選んでいる。ワクチン接種群は2回接種の人のみで2021年1月から今年5月までの17ヶ月間から選んでいる。最終的な人数は、ワクチン非接種群と接種群は、ファイザーワクチンはそれぞれ104,500人、モデルナワクチンはそれぞれ61,955人。人数だけでなく年代や出身国、持病の有無まで、ペアリングしたそれぞれの対照群をピッタリ合わせている。つまり、完全にマッチングして比較した研究なのだ。調査は3ヶ月後から10ヶ月間(300日間)行った。これは3ヶ月経たないと再感染の判断が出来ないからだ。結果的に、3ヶ月しか効かないワクチンなど意味がない。 この結果は、ファイザー、モデルナ共にワクチンを打たなかった人(つまり、自然感染した人)の方が、ワクチンを打った人の半分しか感染しなかった。つまり、感染予防効果はワクチンを打たなかった人の方が2倍あるという。また、重症化予防効果は、ファイザー、モデルナのワクチン接種した人より、接種しなかった人の方が4倍あるという結果だった。 日本政府と日本の専門家たちは、このカタールの研究論文を知らないのだろうか。この大規模な検証結果を知れば、ワクチン接種による免疫獲得よりも自然感染して獲得した免疫の方が遥かに強力であることが分かる。無知な日本政府と日本の専門家たちは、海外の論文をしっかり読むべきだろう。シカ先生の病院にも、5回目接種の案内が来たが、もう打ちたくないと言う人が半分くらいいるという。どうしても打つなとは言えないが、こんな危険で効果の無いワクチンは打ってはいけないとシカ先生は言う。 今、カタールのドーハでWCサッカーが開催されている。日本からも多くのサポーターがドーハに応援に行っている。彼らは試合会場に行って驚くに違いない。数万人のサポーターや観客は、誰一人としてマスクなどしていない。そして今まで通り、大声を出して熱狂的に応援する。日本が世界の常識から、どんなに遅れているかを知るに違いない。 自然感染免疫はワクチンより数倍強いと言っている論文(カタール) - ニコニコ動画 (nicovideo.jp) こちらは今年の8月5日に医学雑誌に掲載された論文です。投稿者は室蘭市立総合病院と札幌にある中村記念病院の共同研究です。論文のタイトルは、「mRNAワクチン接種後の両側視神経炎」という眼科の医師からの投稿です。 患者は53歳の男性で、1回目接種の11日後に左目がぼやけて見えないという症状と左側頭部痛があった。左目の視力は、目の前に指をかざすとぎりぎり指の数が分る程度だったという。つまり、左目の視力は殆ど無くなっていた。左目のMRI撮影像でも視神経炎が酷い状況だった。 治療は本格的な自己免疫疾患の患者に対するのと同じ治療法が取られた。2週間後に視力はほぼ回復した。だが、これで治ったと言う訳ではない。現在は2週間毎に投与するステロイド剤の量を減らして経過を見ている状況だ。症状が悪化したら、また治療薬を増やさなければならない。 考察としては、種々のワクチン接種後に視神経炎の症例報告が幾つも挙がっている。原因は抗原を攻撃する抗体が視神経の正常細胞と似ているために視神経を攻撃してしまう(交叉免疫)ことや、同じく抗原の周りの正常な視神経細胞をT細胞が攻撃してしまう(T細胞免疫)こと、アジュバント活性が強すぎて過剰反応を起こしてしまう(過剰反応)などが考えられるという。今回のmRNAワクチンもこのメカニズムと同じなので、この医師は自己免疫疾患を疑っている。 米国のVAERSでは、半年間で58例のこのような症例報告がある。VAERSでは接種後、平均で9.4日後に発症している。この患者は11日後に発症したので、ほぼ同じだ。日本でも、これと同じ症例で50人~70人くらいは闘病されている可能性がある。多くの患者の治療後の経過は良好だが、3人に1人は視力障害が残る。この患者も左目がほぼ見えない状況だったので、完全に元通りに見える状況に戻れるかどうかだ。 ワクチン後症候群の症例報告論文(室蘭市立総合病院) - ニコニコ動画 (nicovideo.jp) こちらは10/24に公開されたプレプリント(正式な査読を受ける前に登録・公開された学術論文)で、投稿者はコロンビア大学ミシガン大学です。タイトルは、「米国でBA.5の二価ワクチンの抗体反応」です。 3回目まで武漢型ワクチンを接種して4回目にまた武漢型ワクチンを接種した場合と、4回目はBA.5の二価ワクチンを接種した場合の抗体価の比較をしている。結果は4回目にBA.5の二価ワクチンを接種した方が、武漢型ワクチンを接種した人より1.2倍抗体価が高かった。これは有意差がないと評価している。つまり、統計的に「BA.5の二価ワクチン」の効果は無いと言うのだ。 この原因は抗原原罪が起きているからだと言っている。抗原原罪とは、前に3回も武漢型ワクチンを接種しているので、BA.5の二価ワクチンを接種しても武漢型の抗体が誘導されてしまい、オミクロンの抗体が誘導されないということだ(BA.5の二価ワクチンにも武漢型の抗体が入っている)。 では、この投稿者はどうすれば良いと言っているのか。それはBA.5の二価ワクチンを更にもう一度接種(BA.5の二価ワクチンのブースター接種)して評価すべきだと言う。マウスでの実験では、BA.5の二価ワクチンを打つと2.5倍も抗体が産生された(この結果は有意)。しかし、人では1.2倍した抗体が産生されなかった。 この報告を聞いて、皆さんはどうお考えだろうか。BA.5の二価ワクチンはマウスでしか実験していない。今、日本で行われていることは、人を使って実験しているのだ。我々は人体実験の実験材料にされているということだ。それも日本政府が国民全員に努力義務を課して接種を呼びかけている。トンデモナイことが日本で行われている。 YouTubeアカバン前の重要動画「BA.5二価ワクチンの抗体反応」 - ニコニコ動画 (nicovideo.jp) こちらは今年の7/19に医学雑誌に掲載された論文です。投稿者は和歌山県立医科大学で、論文のタイトルは、「ファイザーワクチン接種後の単独ACTH欠損症」です。 31歳男性で症例は、2回目接種後の翌日から全身倦怠感、発熱、頭痛、吐き気、下痢などが続き、4日目に近所の医師に診断に行かれた。初診の診断は軽度意識障害低血糖、低ナトリウムだった。これは典型的な副腎皮質障害の症状だ。ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)の価が低いので脳下垂体異常の症状だ。コルチゾール(副腎皮質ホルモンの一種、生体にとって必須のホルモン)の価も低いので、これは極めて重症だ。急性副腎不全という診断だった。この患者はホルモン補充療法で退院した。1ヶ月後に和歌山県立医科大学で精密検査を行った。依然として低血糖、低ナトリウムなので、とても歩ける状況ではない。ここでの検査では、依然として副腎からコルチゾールが分泌されていない。上位組織の脳下垂体からもACTHの分泌がなかった。脳下垂体から分泌される他の3つのホルモン(甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、成長ホルモン)は正常だった。なので、ACTH単独欠損症と診断された。 なぜ、こんなことになってしまったのか。mRNAワクチンの内分泌系副作用としては甲状腺のものが多く、今回のケースはアジュバント因性自己免疫炎症症候群(ASIA)と考えられている。この患者は急性副腎不全を発症していたので、気付かなかったら死んでいたかも知れない。なので、迅速に診断して、早期に治療しないと危なかった。通常の副反応を起こした人の中にも、副腎不全の人がいるかも知れない。こういう認識が、早期の診断と治療に必要だとこの論文の投稿者は言っている。mRNAワクチンに含まれるアジュバントは副腎にダメージを与える。なので、ワクチン接種後に全身倦怠感などで歩けなくなったら副腎の異常を疑うべきだろう。シカ先生は医薬品のヒドロクロチゾンを常備しているという。この患者は、命は助かったが死ぬまでヒドロクロチゾンの投与が必要なのだろう。 ワクチン後症候群の症例報告論文(和歌山県立医科大学) - ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

成田透氏のプロフィール
日本アイ・ビー・エム(株)に30年勤務。システムズ・エンジニア(SE)として、金融機関(都銀・長信銀)を担当。退職時は金融システム・ソリューション部長。
退職後はIBM関連会社の役員を歴任。最後は(株)エムティーアイで常務取締役ITセンター長。
数々の大規模システムの構築や大規模プロジェクトを成功裏に実施した。現在72歳。